ユーザ用ツール

サイト用ツール


prusa-3d-プリンタ

Prusa 3D プリンタ

円柱オブジェクトをプリントする時の seam(シーム)問題

Overhang(オーバハング)

以下を実施

  • レイヤーの高さを減らす
  • サポートを付ける
  • ファンの速度を上げる
    • エクストルーダーのファンに向けている面は冷却できても、反対の方が冷却されないと overhang するので、すべての方向が十分冷却されるように、必要に応じてファンを別途追加する

デフォルト出力 gcode ファイル名を変更する

下記ドキュメントに出力ファイル名で使える変数が記載されている。

https://github.com/prusa3d/PrusaSlicer/wiki/Slic3r-placeholders-(a-copy-of-the-mauk.cc-page)

「高度モード ➔ プリント設定 ➔ 出力オプション ➔ 出力ファイル名の形式」で、必要な変数を鍵管理で括って追加する。

プリント設定ごとに変更しないといけないので、グローバル設定を変更したほうが楽。やり方:

  1. Prusa スライサーを終了する
  2. Prusa スライサーの設定ファイルをテキストエディタで開く
    • 場所
      • Windows: C:\Users\yourusername\AppData\Roaming\PrusaSlicer\vendor\PrusaResearch.ini
      • Mac / Linux: /Users/yourusername/Library/Application Support/PrusaSlicer/vendor/PrusaResearch.ini
  3. [print:*common*] の下で、output_filename_format を編集して保存

フィラメントの設定名を追加

{filament_settings_id[0]}

プリントコストを追加

{total_cost}

コメント

コメントを入力:
K H L
 
prusa-3d-プリンタ.txt · 最終更新: 4週間前 by 泣き虫

ページ用ツール